スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アスペルガー症候群 受診のキッカケ
2008 / 07 / 18 ( Fri )
先月 6月の話しです。



朝 普段通りに起きたhitでしたが 

ちょっと ダルそうにしていました。

朝ごはんを食べると 結局 吐いてしまいました。



前の週に miiがお腹の風邪で 学校を休んでたので

うつってしまったようでした。

喘息のhitでしたが四年生の時は ほとんど休んだ事もなく

久しぶりに 学校を休む事になりました。



その日の夕方 hitは学校を休んでるにもかかわらず

宿題の事が 気になりはじめました。



「宿題しなくて大丈夫かなぁ?」

「具合が悪くて学校を休んだんだから大丈夫だよ・・・」



「一人勉強(毎日の自由課題)とかしなくていいのかなぁ?」

「どうしても やって来てほしい宿題なら先生から連絡がくるでしょ」



何度も 何度も こんな会話が繰り返されました 

私がいくら説得しても hitの心配はつのるばかりで

時間が経つほど 顔もこわばって 涙ぐんでしまうのでした。



一時間ほど 説得しましたが どうにも納得がいかず

吐き気がある体でしたが 

「学校へ行って 先生に聞いてみよう」 と私が提案すると

hitの表情は明るくなり 今すぐ先生に会わせてくれと

言わんばかりでした。



予め 学校へ電話をして hitが先生に質問したことがあるようだから

答えてやってくれと連絡をしておきました。



hitは 先生に聞きたい事をメモした紙を握り締め

私もいっしょに 学校へ行きました。


メモを見ながら 先生に質問をすると 先生は丁寧に答えてくれました。

メモの内容は ほんとに 些細な事で 

宿題をしなくていいのかという質問はもちろん

いままで 疑問に思っていた事を 全部まとめて聞いていました。



大人の私からすると それはどっちでもいいだろうと思うような質問です

適当にやっときゃいいのよ~って言いたくなるような質問でした



その後 私と先生で二人で話しをして事情を説明すると 

hitの事を気にしてくださって

先生は hitが学校でいじめられているんではないか という事も含めて

hitと二人きりで話しをしてくれました。

先生と色々な話をして 安心したのか

帰りの車の中では hitは このところ見たこともない明るい表情で

喋りまくり ものすごく元気になったのでした。



次の日


また吐いてしまいました。

それでも 昼間は比較的元気に過ごすので

明日は 学校へ行けるかな?

そう思い 夕方になると 明日の準備をさせました





ここで オヤッと思う とても気になる事がありました。





プリントの折り方に悩むのです。

文章が書いてある方を 中にして折るのか

外側に折るのか 悩んでいるのです

悩んでいるというより 焦っているという言い方がいいかもしれません。

「どっちでもいいよ 大丈夫だよ」

そんな事を言っても hitは落ち着く様子もなく

どうしよう どうしようと悩み続けるのでした。




その後 時間になると 

また学校の事 宿題の事が気になり始めて 

結局  また学校へ行って

先生に会って 質問してくるのです。

それが 三日続きました。




三日目の晩 ヒットが先生に質問した内容を

忘れないように メモに残しておこうと

ペンを持ち テーブルの上のメモ用紙に書き込もうとするのですが

先生に言われた内容が 思い出せず

そして パニックになってしまいました。



たった四行の短いメモを書くのに 二時間もかかってしまいました。





単純に 学校で心配な事があって 悩んでいるのではないな

そう 思った瞬間でした。

病院へ行って 専門の先生に相談してみようと・・・・・

こう思った日が 皮肉にも hitの11歳の誕生日だったのです









結果論ですが プリントで悩んだとき

何と声をかけてやれば 良かったのか?


母の答えは こうです


プリントの内容を 他の人に見せたくないのであれば

書いてあるのを中にして折ればいい

プリントに書いてある内容を外側にすれば 何のプリントかすぐ分かって

連絡袋から すぐ見つけられる

このプリントは どんな事が書いてあるの?





hitが プリントで悩んだとき 私には この知識がありませんでした。



hitの想像力の問題の点だったんですね



プリントをどんな風に 折っていいか 想像できなかったのです

どっちに折れば良いのか ほんとに本気で悩んでいたのです

パニックは いつも起きるわけではありません。

プリントの事も学習したので 今はありません。 



学校では 一切不安になるような事はないようです。

自分でも 不思議がっています


パニックをおこさせない事 心配な事があるのなら

なんでも 聞いて説明してあげるとこ 

それが 私の仕事です。






ここまで 読んでいただいてありがとうございました。
感─☆*:;。(○`・∀´・)ゞ★*:;。─謝

 
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

10 : 10 : 36 | 未分類 | page top↑
| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。